1. 無料アクセス解析
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.05.06 (Fri)

こたろうが余命宣告されました

こたろうに残された命はあと少しらしいです。

今日、明日かも知れない。
一か月後かも知れない。
もっと頑張ってくれるかも知れない。

一日一日を大切にしていこうと決めました。


4月10日(日)に、4パピ一緒に狂犬病予防接種を受けました。
毎年、そのタイミングでフィラリア検査と
健康診断がてら詳しい血液検査も一緒にします。

こたろうとかるびは心臓に持病があるので、
翌週4月17日(日)血液検査の結果を踏まえて
心機能検査(精密検査)をしました。
心臓の方は、現状維持で悪化していなかったのですが
エコー検査の結果、こたろうの腎臓の後ろに
何か塊のようなものが見つかりました。
腎臓から生えてるようにも見える、腎臓と同じ位か
腎臓より少し大きめの塊でした。

一週間様子を見て、翌週4月24日(日)に再検査をしました。
少し大きくなっているようにも見えるとのことでした。
膜の中で納まっているようなので、取ってしまえば大丈夫かも
知れないとのことでしたが、詳細に調べて処置してもらうため
がんセンターを紹介されました。

GW中はずっと家で過ごし、5月4日に予約していた所沢の
小動物がんセンターに連れて行きました。
待合室のこたろう1

問診では、その日にお預けして、エコー検査、X線検査をして
心臓が細胞診とCT検査の麻酔に耐えられるかを確認後
後日、CT検査をして、手術する予定になりました。

ところが、お預けして1時間もしないうちに病院から連絡があり
私たちは、とんぼ返りで病院に戻りました。
先生は丁寧に説明して下さいました。

塊が、大きくなっていること(前回の検査時より約1.5倍)
塊が腎臓から生えているものではなく、別のところから発生しているらしいこと。
塊が腎臓にくっついてしまっているらしいこと。
熟れ過ぎたトマトのような状態なので、いつ破裂してもおかしくないこと。
すでに出血して、お腹に水(血液)が溜まってきていること。
そのため細胞診が出来ないので、良性か悪性かは断言出来ないけれど
経験上恐らく悪性の可能性が高いこと。
悪性の場合、手術しても、1~2ヶ月で再発の可能性があること。
癒着がひどい場合は、手術してもそのまま安楽死の可能性もあること。
手術するなら、一刻も早い方が望ましいけれど
お腹の中で出血しているので、血が固まりにくくなっているため
輸血の準備が必要で、翌日の手術になること。
入院は1週間程度で、その後も闘病生活が続くこと。
手術にチャレンジするなら、出来る限りのサポートをして下さるとのことでした。

手術しなければ、いつどうなるかわからない。
帰ったら、その夜にお別れ。。。という場合もあり得ると言われました。
長くても1ヶ月もつかどうか。。。だそうです。
待合室のこたろう2

治るものならとっとと取っちゃって貰おうと相談して来たのでした。
でも、病状は、予想以上に深刻なものでした。
出血した場合、血圧が急激に下がって、痛みを感じるよりも
だるくなるそうです。

痛いのが人一倍嫌いで、びびりん坊。
おうちが大好きなこたろうです。
天国からお迎えがくるまで、普通に過ごさせてあげることにしました。

という訳で、そのまま連れて帰りました。
刺激すると危ないので、抱っこも出来ません。
いっぱい、なでなでしてあげるつもりです。

ちなみに、こたろう自身はは普段通りです。
食欲もあります。
今まで以上に自分の場所(ケージの中)に
居たがるようになった気もしますが、
辛そうな様子もなく、自分のベッドでのんびり過ごしています。
昨夜も、少しだけ、散歩に行ってきました。

心臓が悪くなければ、検査をすることもなく
腫瘍は見つからなかったと思います。
全く気付かずに、原因不明の突然死をむかえてしまうところでした。

今回、たまたま、かかりつけの先生に見つけていただき
こたろうと今まで以上に濃密に過ごせる機会と
飼い主が覚悟を決める猶予を与えられました。感謝です。

帰ったら、息をしていなかったらどうしよう。と
不安に押しつぶされそうになりますが、
出来るだけ平穏に、いつも通りに過ごしていきたいと思います。

テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

タグ : パピヨン

EDIT  |  12:07  |  こた・もな・かる・きくの健康  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

こんにちは。

いつかは必ずこういう時が訪れると
頭では分かってても、
やっぱりイヤだ(T_T)
せめて、こたろう君が痛くないように、
苦しくないように、祈ってます。
でも、腫瘍が消えてなくなることを
もっともっと祈ってます。
tae |  2016.05.06(金) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.05.06(金) 18:40 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016.05.06(金) 19:22 |   |  【コメント編集】

☆ お返事です ☆

taeさん

いつかが「今」だとは思いもしませんでした。
痛みはあまり感じてないみたいで、
穏やかに過ごしてくれているのが救いです。


鍵コメ Rさん

わざわざコメントありがとうございます。
こたろうといっぱい触れ合っていくつもりです。
病気に気づかずに突然のお別れということにならなくて良かった。
食欲があるので美味しいものもいっぱいあげてます。


鍵コメ Kさん

こたろうが喜ぶことをたくさんしてあげたいです。
少しでも長生きしてもらえるように気をつけていきますね。
ダルそうにすることもありますが、笑顔も見せてくれて癒されます。
なおぴー |  2016.05.07(土) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは
初めてコメントさせて頂きます
いつかは必ず来る時…今のお気持ち察します

お写真見るととても優しいお顔のこたろう君ですね
元気そうに見えるのに…

私も今の子の前にいたパピヨンを4歳で亡くしました

千葉県在住ですが川崎の病院に入院させたった一人で意識が亡くなり脳死状態になりました

ご家族が家に連れて帰るというのも苦渋の決断だったでしょうがご家族が決めた事が正しいはずです

千葉の空の下でこたろう君が穏やかな日々をおくれるように祈ってます
しゃおママ |  2016.05.07(土) 21:38 |  URL |  【コメント編集】

☆ お返事です ☆

しゃおママさん

コメントありがとうございます。
しゃおママさんも、お辛い経験をなさったんですね。

こたろうが出来るだけ痛い思いや苦しい思いをせずに
過ごせることを願っています。

おウチにいるのが安心、自分のベッドが安心みたいですので
出来るだけストレスがかからないようにしてあげようと思っています。

こたろうと、今まで以上に濃密に過ごしていると
時間がゆったり流れている気がします。
なおぴー |  2016.05.07(土) 21:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |