1. 無料アクセス解析
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.01.28 (Wed)

もう喧嘩しないよ♪

今までも何度か記事にしている『こたろう&菊次郎の一触即発』の危険。

なくなりました。今はいたって平和です。


喧嘩の種のおきまりのパターンは

① びびりん坊のこたろうが挙動不審になる。

  → 菊次郎がそれに反応して難癖をつけて吠えかかる。


② 菊次郎が自分の思い通りにいかないことがある。

  → 八つ当たりしてこたろうに吠えかかって喧嘩を売る。


③ 菊次郎がテレビのスポーツや外の物音に反応して興奮する。

  → 興奮のはけ口としてこたろうに吠えかかって喧嘩を売る。


要するに、菊次郎が何かにつけてこたろうに喧嘩を売っていたのでした。


こたろうは、目をそらしたりして相手にしないことが多いのですが
年がら年中それをされていたら反撃に出ることもある訳で。。。

飼い主も、いつも目を光らせていないといけないので
ちっとも気が休まりませんでした。



現在は、基本的に、こたろうがケージの中に入った状態で
扉を閉めてしまっています。

隔ててしまえば、菊次郎が喧嘩を売りに行っても物理的な
攻撃はできません。

菊次郎が攻撃できなければ、こたろうは吠えられても完全無視です。
知らんぷりして、寛いでいます。


菊次郎が最初から興奮しないようにするのが望ましいのかもしれません。
でも、何かと興奮してしまうのは菊次郎の性分。
菊次郎の個性として受け入れてしまうことにしました。
そのかわり、興奮しっぱなしはNG。
ちゃんと、クールダウンさせるようにしています。

吠えかかりそうな気配に気づいて直前で止めれば
吠えかからずにすぐに落ち着けるようになりました。

飼い主が一歩おくれてしまって、菊次郎が吠えに行ってしまっても
飼い主が『きーくーーーっ!ダメっ!』と止めれば
引き下がって自分の居場所に戻っていけるようになりました。



最初は、こたろうだけいつもケージの中に入れておくのは
可哀想かなーと心が痛んだんですが、
当のこたろうは、菊次郎から被害を受けることがなくなって
かえって安心しているようです。

飼い主が帰った直後とか、ごはんの時とか、ボール遊びの時とかは
みんなと一緒にケージの外で過ごします。

休憩まったりタイムになると、ケージの中で休んでいます。
『こたくんハウスしよっか』と声をかけると
『そうですね』とばかりにトコトコとケージの中に行き
ベッドにちょこんと入ってのんびりしています。
(写真がないのが残念です)


他の3パピはソファでまったり。
3人掛けのソファは、ワンコだけで満席です。
満席

私もそこに混ぜてもらって。。。
ワンコハーレムです(^^)
ワンコハーレム
↑テーブルに足を乗せてお行儀が悪いので周りをぼやかしちゃいましたテヘペロ

ブログランキングに参加しています。
↓ 宜しかったら ポチっとクリック お願いします ↓

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村



テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

タグ : パピヨン 喧嘩

EDIT  |  15:50  |  こた・もな・かる・きくの日常  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。