1. 無料アクセス解析
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.07.09 (Fri)

気になるけど気にしない

前記事の続きです。。。

こたろうと菊次郎のバトル勃発を回避するためには。。。

原因を作らない!

これに限る訳ですが。。。

それが難しいから、困っちゃうんですよね~(爆)


おおもとの原因は『こたろうが唸る』こと。

こた:ボク つい癖で ウゥゥって いっちゃうんです
こたろう&もなか


確かに、唸るのは良くないことだと思います。
でも、他のコ達だって同じように唸ったりするのだから
こたろうだけを責めるのは違う気がします。

しつけ途上ですしね。
だんだんと、飼い主の愛情に100%の信頼を寄せてもらって、
唸らなくなる方向へ持って行っている最中なんです。
すぐに止めるのは無理。


菊次郎に言ってやりたいですよー。
『そんなことにイチイチ目くじらを立てるなよー!』って。
こたろうのほんのちょっとの唸りにも反応してしまうんですもん。

そうは言っても、敏感になっているんだから仕方ない。


その上、菊次郎が敏感に反応すると便乗して騒ぐかるび。
何とかなりませんかー?

実は、もなかも。。。優等生ぶりっこなので
他のコがイケナイことをしていると、我慢ならなくて
『いけないんだー!いけないんだー!』と騒いで事態を悪化させてしまいます。


堂々めぐりしてても、何も解決しませんから。
さて。どこで止めましょう。。。


【More・・・】

 
 
やっぱり、騒ぎが大きくなる前に、原因のところから止めるしかない。
こたろうと菊次郎の心理を少しでも変えていくしかないんですよね。


ということで。。。

まずは、こたろう対策

こたろうがなるべく唸らないように、ヨシヨシすることにしました(^^)
森田流の正しい形にこだわらない。

こたろうの好きな撫で方で。
こたろうの嬉しいタイミングで。
こたろうの大丈夫な長さで。
こたろうの喜ぶ場所を。
一日を通してこまめにこまめに。
でも、しつこくならないように。。。

そうやって繰り返しているうちに『やっぱりスキンシップっていいなぁ』って
思ってもらって、少しずつだんだんと正しい形に持っていけたらしめたもの。

時間がかかってもいいんです。
焦らないのが一番(^^)

そうしているうちに、唸りは格段に減って来ました。
撫でて~♪ってスリスリしてくることも(^^)
それでもすぐには『唸りゼロ』にはなりませんから。


菊次郎対策も必要です。

菊次郎が反応する直前(は無理としても、少なくとも直後に)
吠えようとか、向かって行こうとしたらすかさず引き寄せて
抱き上げてしまいます。

抱っこしたまま『よーしよし♪いいこだね~♪』
吠えるタイミングを与えないようにするんです。

激しくワンワン言おうとしたのを止められて、
自分では止めきれずに、情けない声で『うぉぉぉん』とか
言っちゃったりしますけど、叱りませんよ。
『ワン言わないよー』とたしなめることはありますけど
菊次郎が黙ろうとしている努力をちゃんと認めてあげます。

だから、基本は『よーしよし♪いいこだね』です。
黙ったら『おーぉ!よしよし。頑張ったね~♪』で(^^)
完全に落ち着いたら、下におろします。


最初の頃は、かなり根気が要りました
こちらもすぐに反応して、止めないといけないので気が抜けませんでした。

興奮したタイミングで私が抱き上げようとすると、
万が一にもまだキレる恐れがあるので
菊次郎対策は、主にかもねぎおとーしゃんが
こたろうのフォローを私がやってました。
おとーしゃんは間が悪いことに腰を痛めてしまっていたので
だいぶ辛かったみたいです。


でも、これを繰り返しているうちに
1週間から10日目位から、菊次郎のこたろうの唸りに対する反応が
鈍くなってきました。

小さな声で短く唸った位では『ボクは全然気にしてないよ』という感じで
そのままやり過ごすことができるようになりました(^^)

そうなると相乗効果で、こたろうも菊次郎に吠えかかられることが
なくなって、警戒態勢や臨戦態勢を徐々に解除していくようになり。。。

『バトルの危機』が激減。

たまたま、すぐ近くにはち合わせてしまい
お互い緊張しながら顔を突き合わせることがあっても、
素知らぬ顔ですれ違うことが出来るようになりました。

気になるけど気にしない

まだ、まったく気にならないというのではないので、
ちゃんと様子を見守っていてあげなければなりませんんが
こたろうも菊次郎も大進歩ですよね~♪

ほんとによく頑張ってくれていると思います(^^)


そこで阻止できれば、かるびやもなかへの波及は食い止められますからね!
と言っても、表面的には休戦状態のこた&菊の『内面の緊張』を敏感に察知して
まだまだ興奮しちゃう女子チームではありますが(爆)


時間はかかっても、いつか4パピが完全クリア出来る日が来るでしょう~。


おかーしゃんの周りでハーレムを作って、こた&菊は隣同士で過ごせるんだもんね。
まったり
(2010.7.5)


菊次郎は思いっきりカメラを意識してますが。
動画で見るとこんな感じです




ひとまず平和が戻って、おかーしゃんの周りはいつもハーレム♪
かるびは、カメラに反応して席を立っちゃいましたけど
こたろうの手前のソファに寝そべってたんですよ~(^^)
ハーレム
まったりと4パピに囲まれてシアワセ~♪


ブログランキングに参加しています。
↓ 宜しかったら ポチっとクリック お願いします ↓

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村




テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

タグ : パピヨン 吠え 唸り しつけ 森田流

EDIT  |  17:46  |  森田流しつけ奮闘記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

我が家もチェリーを迎え入れて1度も喧嘩をしたことがなかったビズとクスが血が出るほどのバトルv-42
記憶に残ると、バトルのきっかけになるとの本を読みましたv-219
病院の先生にも相談をしましたが、やはり記憶に残ると良くないとの事でしたよv-219

我が家は全員の虚勢・避妊・そしてしばらく個々のゲージに居れ、出すのは1匹ずつv-218
かわいそうですが、バトルの記憶ときっかけを忘れさせる為に続けましたv-219
今ではすっかりバトルこともなくなりましたよv-218
仲が良いときもあるからと、仲良くさせる為にと一緒の空間に居させることが必ずしも良いことではないと思いますので、ひとつの案としてご検討してみてくださいv-354

たたかない。怒らない。v-157v-157そうならないように回避するしかないと思ったりしますv-219
個人的な感想と経験ですので、行き過ぎたコメントでしたらすみませんv-436
ビークー&チェリー&ミニョン |  2010.07.11(日) 18:15 |  URL |  【コメント編集】

◎◎◎ お返事です♪ ◎◎◎

コメントありがとうございます(^^)

★ ビークー&チェリー&ミニョンさん ★

やはり、バトルの記憶を残してはいけないんですね。
私たちもそれを懸念して、バトルに発展しないように
細心の注意を払っています。

お互いに不穏な雰囲気の時には、一切近づけないように
同じ部屋にはいますが、なるべくお互いの視界に入らないように
引き離しています。
叩いたり叱ったりは、しつけの方針から一切していませんよー。
それがとても有効みたいで、
最近では、飼い主の愛情の中で興奮がおさまるようになってきました。

まだ100%、火種がなくなった訳ではなくて、
その時々の心理状態によって「ヤバい!」って思うこともありますが
(特に、菊次郎は寝ぼけている時にトラウマ発動しちゃうんです)
だいぶ改善してきました(^^)

このまま、うまくいってくれるといいのですけど。。。
様子を見ながら続けていって、よいご報告が出来るように
頑張ります!

なおぴー |  2010.07.14(水) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。