1. 無料アクセス解析
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.17 (Sat)

しつけ迷走からの脱却の試み

この記事は回想記事です

*************************************************************
(この記事は 12月4日に書いたものですが、しばらくしたら10月17日付に移動します)
*************************************************************




コスモスオフ会の後に、菊次郎の心理状態が悪くなってしまったのは
私達が間違った行動をとってしまったから。


そしてそれは、突き詰めて考えると
9月20日の『ワラワラでスイッチオン』の時にしてしまったのと同じ間違い。


本能のままに動く菊次郎を、何とか止めようと制御して
その後のフォローが出来ていないことが問題だったと思っています。


きく:ボクは自由がいいの♪
ボクは自由が好きなのだ!
(2009.9.19撮影)

【More・・・】

 

久しぶりのお出かけで気分は高揚。 
しかも、あの日の公園は菊次郎にとって魅力がいっぱいでした。
駆けまわる子供達、飛び交うボール。はしゃぎ声、笑い声。
そして、人、人、人。。。

アッチに行きたい!
あれがやりたい!

駆けてくる子供に飛びかかりそうになり~。
視線の先でサッカーをしていれば、ボールを追いかけたくなり~。
すぐそばを不意に誰かが横切れば、びっくりドッキリ。
「あ~ら可愛いわね♪」なんて声をかけられちゃったら
嬉しくってピョンピョコ飛びつき。。。

興奮しっぱなし~!

それを行ってしまわないようにリードで引っ張り、
それでも収まらなければ抱き上げて動きを止め。
飼い主は、本能のままに行動している菊次郎を制御しようと一生懸命でした。

止めたはいいけど(って実際は全然止まってませんが・汗)
制御した後のフォローが全くなっていない。
(森田流ではフォローという言葉は使いませんが、
森田流でこの時にするべきことが出来ていなかったという意味です)

だから、キレキャラが復活してしまったんだと思います。

この時はまだ、しつけが進んでいなくて
十分なフォローをすることが出来ない状態でした。


フォローができない限りは制御はしない。


それが一番いい。というのが、今の私達の考えです。

でも、日常生活の中ではなかなかそうもいきません。
他人にご迷惑をかけてしまう訳にはいきませんから。
なので、外ではなるべく、制御が必要な状況にならないように気を付けることにしました。
そして家の中では、極力、制御すること自体をやめました。


《記事とは全く関係ないけど。。。おかーしゃんが帰ってきた時の4パピ》
きく:早くだせー!
早くだせー!
(2009.9.17撮影)



こた・もな・かる:早くだしてくださいよーぉ
出してくださいよーぉ
(2009.9.17撮影)


オフ会後の荒れている菊次郎に対して、私達がやってしまった間違いも
改めることにしました。
もうすでに、やめていましたが、誤ったタイミングでやってしまったしつけも
今はやらない。ということを確認し合いました。


森田流のしつけは、ワンコの心のタンクに飼い主の愛情をたくさん注いで
一杯に満たしてあげることが前提です。

だからこそ、タンクを満たそうと躍起になってしまったんですが。
菊次郎のキモチも考えずに。。。 は、いけませんでした。
菊次郎にとっては、撫でることも手も、『虫』と同じなのに!?
(『虫』については詳しくはコチラの記事を参照してください)


愛情タンクのタイプは様々。

バケツのように口が大きくて、大して苦労せずに注げて
すぐに簡単に一杯になっちゃうコもいれば
口が細くて、注ぐのが難しく、多めに注ごうとしても、
外にこぼれてしまってなかなか貯まっていかないコもいると思うんです。

菊次郎の場合は、恐らくはトラウマもあって防衛本能が強いため、
ドリップ方式並に穴が小さく、しかも目詰まり気味。なのではないかと。。。(爆)
だから、一度にたくさん注ぎたくても、慎重に注いであげないと
全く貯まっていかない恐れもある訳で。。。


口が大きめか、一般的サイズのコは、
しつけをしながらでも愛情タンクを満たしてあげられると思うのです。
こた・もな・かるは、しつけをしながらでも大丈夫な気がします。
(菊次郎のペースに併せているので、まだ、大したことはやってませんが)

でも、タンクの注ぎ口の小さいコは、
まず、注意深く愛情を注ぐことの方に専念しないとだめなんじゃないか
という結論に達しました。

タンクがカラッポの状態では、しつけも何もあったもんじゃありませんから
ほんの少しずつしか貯まらないとしても、まずは、ただただ貯めていく。
貯まっていくに従って、目詰まりが解消してきて
「愛情っていいものだなぁ」って実感できれば、愛情が受け入れ易くなって、
口の大きさ自体も少しずつ広くなって行くのではないかと思いました。

そして

愛情の押し売りはしない!

無理やり行わない。
しつこく行わない。



飼い主の愛情は、もちろんたーーーーーーっぷりありますよ(^^)

でも

「私の愛はこんなにたくさん溢れているの~♪ どーぞ受け取って♪」

というのはダメ。

菊次郎が、受け取れる分だけ、少しずつ注いであげるんです。

菊次郎が欲しい分だけ、菊次郎が望んだ分だけ。
か、それよりもチョットだけ多めに(^^)
こぼさないように慎重に! です。

その代り、欲しい時には決して見逃さないように。
愛情は、いつでも注いであげられるように
飼い主の方はちゃんとスタンバイしていないといけません。

部屋の中で、ゆったりした気分でいる時に『ひと撫で』か『ふた撫で』。
近くを通りかかった時に『ひと撫で』。
(おかーしゃんの愛を確かめるつもりなのか、
たまーに意識的に近くを通りかかることがあるんです。
撫でようと手を出そうとすると、よけるようにすぐにスッと行っちゃうんですが
そのまま撫でられる時もあります。)
深追いはせず、撫でられたい・撫でられてもいいかな~の気分の時だけ
軽く撫でるようにしました。
ちなみに、前回記事の動画で私が撫でているのですら、あの時の菊次郎には長すぎ。
(だからキレた)
今度は失敗しないように、慎重に、慎重に、すすめることにしました。



そして、菊次郎が怖いこと(嫌なこと)もやめました。

ケージに入って覗かれるのも、手が見えるのも怖いのだから
極力そういう状況は作らない。
ケージに入ったら、サクっと扉を閉めて、
後は一言「よしよし♪」と言って、それでおしまいにしました。
最初はビンビンに警戒していた菊次郎ですが
「アレっ?こないの?」という感じですぐに落ち着くようになりました。
今でもケージに入れる時は、興奮ワンワン!になってしまいますけどね。
入る瞬間だけです。
この吠え吠え対策には、愛情が満たされてからゆっくり取り組むことにしました。

というか、問題行動に取り組むのはすべて後回し。
(結構いろいろ、問題行動はあるんですが・爆)


こうして方向性は決まりました(^^)


だけど、そんなにすぐには結果は見えませんよー。
何しろ心の問題ですから。

飼い主が『ひと撫で』に込めた愛情は無限大ですが
菊次郎が受け取った愛情は、
タンクの中に『ほんの一滴』プラスしただけかも知れないんです。

でも、焦らずじっくり、貯めて行くことにしました♪

じんわり、じんわり~と貯まって。。。


【つづく・・・】

《ご注意》
菊次郎の心理状態は悪くなってしまいましたが、
今までの積み重ねのお陰で、信頼関係はゼロに戻ったり、
マイナスに落ち込んだりはしていなかったようです。
良くなっていったペースから、今、振り返るとそう思います。
ゼロから、もしくはマイナスからのスタートの場合には、
更に時間がかかるかも知れません。
性質や原因が違うコには効果がないかも知れません。
また、著作権の問題を考慮して、
しつけの具体的な細かい内容までは書いていません。
大筋は、この記事の通りですが、
それにプラスしてポイントとなることをやっています。
この記事をお読みになって、ご参考にされようと考える方は
上記のことを考慮して、自己責任で慎重にお願いします。



 ブログランキングに参加しています。
↓ 宜しかったら ポチっとな お願いします ↓

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ 

テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

タグ : パピヨン しつけ 森田流

EDIT  |  20:19  |  森田流しつけ奮闘記  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

*Comment

うう 大変だったんですね。
ワタシ達は初の菊ちゃんに会えて楽しかったんですが
菊ちゃんにはあの驚異的な人ごみはちょっと刺激が強かったのかも
しれませんね・・・・。
菊ちゃんが落ち着いて かもねぎさん なおぴーさんが
他のワンコとお散歩してもいいかな って思ってくれたら
是非また一緒に散歩しましょうね!
今度はもっと人出の少ない公園から。

ゆっくり でもきっと確実に。
お互いの心の距離が近づくよう応援してます!
きゃーこ |  2009.12.04(金) 21:43 |  URL |  【コメント編集】

あー。ごめんなさい
コスモスオフが、菊ちゃんにとって
かもねぎさん、なおぴーさんにとって
辛い時期を過ごさせることになってしまって。。。

今は かもねぎさんとなおぴーさんと
しっかり充実した時間を過ごす時期なのかもしれませんね

でも、これに懲りず、遊んでくださいね
ルビママ |  2009.12.05(土) 07:53 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.12.05(土) 19:55 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.12.05(土) 21:12 |   |  【コメント編集】

◎◎◎ お返事です♪ ◎◎◎

コメントありがとうございます(^^)

★ きゃーこさん & ルビママさん ★

私がこの記事を書いたことで、楽しかった気持ちに
水を差しちゃってゴメンナサイ。
なんとなく申し訳ないようなお気持ちを抱かせちゃって
配慮が足りなかったと反省しています。。。

あの日は私たちも楽しんだし、
4パピも楽しんでくれたと思います~。
なので、お出かけして良かったと思っています。
そして、あの日が良いターニングポイントになりました。
あの後、大分後退してしまったように見えましたが
しつけをもう一度、見直すきっかけになって
良い方向に向かえるようになりました(^^)

懲りずにまた、誘って下さいね!
ダメそうな時には、無理せずお断りしますので~。
その時には、ご容赦ください。


★ 拍手コメをくださった方 ★

ありがとうございます~。
色々考えて、菊次郎との向き合い方が決まりました(^^)
しばらくこのまま続けていこうと思っています。
うまくいかなくなったら、また、その時に
改めてあれこれ悩んで、
良い方法を見い出して行けたらいいと思っています。
なおぴー |  2009.12.06(日) 19:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。