1. 無料アクセス解析
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.13 (Tue)

しつけ迷走の危機

この記事は回想記事です

*************************************************************
(この記事は 12月3日に書いたものですが、しばらくしたら10月13日付に移動します)
*************************************************************


コスモス観賞のオフ会以降、菊次郎の心理状態は更に悪化したようでした。
キレ率アップ。おかーしゃんへの文句つけ率アップ。

どうしてそうなってしまったのか、オフ会の時の何がいけなかったのか
この記事を書いている今(12月初)は、きちんと解釈できて(いるつもりで)いますが
この頃は、漠然とそうかもしれないな~と思いつつも
「何故?何でなの?」という気持ちが大きく戸惑うばかりでした。


10月13日の朝、菊次郎がおかーしゃんに文句をたれている動画です。
この動画だけでも十分長いのですが、
これは、ほんの一部を切り取ったもので、実はこの前後にも延々と続いています。
しかもこの動画は、比較的穏やかな時に撮ったものです。
(まだ動画を撮っている余裕がある程度の荒れっぷりだということです。)

おかーしゃんの声が入っているので、音は消してあります。




興奮して吠えかかってます。
しばらく吠えて、気が済んで落ち着こうとするも、
やっぱり吠え足りなくて戻って来てワンワン!
ようやく落ち着いたところをひと撫ですると、それがストレスになってワンワン!
何十分も延々と、これが続きます。


朝、起きた早々から、こんなのばっかり。
仕事に出て行く気持ちもどんよりしちゃいます。。。


しかも、おかーしゃんにだけならまだしも
おとーしゃんにまで反抗的態度を取るようになってきてしまっていました。
10月13日の夜に撮った動画です。


【More・・・】

 
 
おとーしゃんがケージの屋根に置いた手を気にかけながらワンワン吠えてます。
取り合えず自分で何とか落ち着こうとしているところにおとーしゃんがひと撫ですると。。。
激高しました! 半分パニックです。
咬みつかれないように、リードで抑えてますが
それがなかったらガッツリいかれちゃっているところです(爆)
こんな状態を何十分も繰り返していました。

ケージ内が怖い。手が怖い。声かけが怖い。
菊次郎にとってはストレスだらけだったんだと思います。
菊次郎が黙るのは、散々吠えたことで少しだけストレスが発散して
疲れて大人しくなっているだけでした。
私達は、菊次郎を安心させて落ち着かせてあげることが
ちっとも出来ていませんでした。

おとーしゃんもおかーしゃんも、
「手は怖くないんだよ~。
おとーしゃんもおかーしゃんも一緒にいて安心なんだよ~。」
と、何とかわかって貰いたくて躍起になっていました。

私達のやっていたことを例えてみると
虫が大嫌いなコに、虫を見せて、近づけて触らせて(ほっぺにピトっとくっつけて)
「ホラホラ、全然怖くないよー。大丈夫だよー」と言っているようなものでした。
そんなことされても、怖いものは怖い!
いくら大丈夫と言われても、自分が怖くない~って思えなければ
怖いものは怖いんです。

菊次郎に、そんな思いをさせていたにも関わらず。。。


「しつけを強化しないとダメかもね~」

その時、途方に暮れた私達が出した結論は、それでした。
(実は、大間違い!)


咬むコに効果があるというタイプのしつけを、しっかりやっていくことにしました。


コスモスオフ会がきっかけで菊次郎が悪い方へ進んでしまった理由も
(これを書いている12月の)今なら解ります。

ここは、しつけを強化するべきタイミングじゃなかったというのも
今なら解ります。


けれど、その時は解らなかった。。。

しつけをすればワンは良くなる(願望含む)←なんて短絡的思考回路なんでしょう(爆)


で、数日間、実践した結果。

案の定、菊次郎は、ますますひどい状態に陥ってしまったのでした。

いくらおバカな飼い主でも、ここまでになってしまったら
「何かおかしい、どこか間違っている」と気づきましたよ。。。

「取り敢えず、もうやめよう。。。」
飼い主が無知なばっかりに、安心させるどころか、ますます不安にさせてしまってごめんね。。。


でも、実際のところ、どうしたらいいのか、わかりませんでした。


【つづく。。。】


***** 補足説明させていただきますと *****

菊次郎の状態が悪化してしまったのは、森田流しつけがいけないのではなく
私達飼い主の森田流しつけに対する理解度が不足していたのが理由です。

この後、おとーしゃんとおかーしゃんは、これからどうしたらいいのか
ない頭を絞って、何度も何度も話し合いました。
森田流のDVDを見て、FAQを参照して、
わんこの会の掲示板も隅から隅まで読みなおして
どこが間違っていたのか、菊次郎にとってはどうすることが最善なのか
もう一度、よく考え直してみました。




 ブログランキングに参加しています。
↓ 宜しかったら ポチっとな お願いします ↓

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ 



テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

タグ : パピヨン しつけ 森田流

EDIT  |  11:24  |  森田流しつけ奮闘記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

菊ちゃん・・・怒ってますね。
それに犬歯のりっぱなこと!
この歯に噛みつかれたらひとたまりもありません。

ここまで激こうして吠えかかる子にはどんな対応がいいのでしょうか?
つづく記事を楽しみにしています。

バルドも歯を剥いてしょっちゅう怒ってました。
実家の母が甘やかすので実家にいる時限定なんですけど、親分になった気分でわたしに怒りまくるんですよ・・・なつかしく思い出されます。
みはろ |  2009.12.04(金) 04:44 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは(^^)
私も続きが楽しみです。
動画で見るとリアルですね。。。う~ん、正直怖い(^^;
尻尾を降りながら、牙むいて怒るところが
抱っこされる時のおうじろうと一緒だな~と思いました(笑)
今でも自分から抱っこされにくるくせにガウってますから(涙)
抱っこされたいのに怖い、どうしたらいいのが自分でもわからない状態みたい(汗)

なおぴーさんの虫嫌いの例えがとても分かりやすかった(笑)
私も虫嫌いなので、そんなことされたら余計に嫌いになる(°ー°)(。_。)ウンウン
そこで、最近のおうじろうの変化(部屋でくつろいでる時に膝に乗って
くるようになった)に思い当たるフシが。。。
実は、夏、自転車で公園まで行ってた時に無理矢理抱っこするのをやめて、
キャリーに乗せてから、自転車のカゴに置くようにしたんですよ。
それまでは「抱っこができないとダメ」という思い込みがあったので躍起になってたんだけど。

私が挫折して「キャリーにはおとなしく入るんだから、
無理に抱っこしてストレス与える事もないか」って思って(^^;
だから家の中からキャリーに入れて、帰ってきてからもキャリーから直接洗面台の上にって感じで。

なおぴーさんの記事読んでたら、もしかしてそれがよかった?(^^;
とか、思ってきちゃいました(単純)>続きも読んでないのに(笑)

今でも無理に抱っこの形とらないで、散歩から帰ってきたら一旦、
玄関框の上にあげちゃって(前は絶対御法度にしてたけど)、
そこから平行に私の膝の上に異動させるようにしてます(リードつけたままだけど(^^;)
散歩に行く時は、自分から飛び乗ってくるのでこちらはだいぶ改善されました(^^)

長くなっちゃいました~~~m(_ _)m
ルカ |  2009.12.04(金) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

動画を見て、見れば見る程、興奮状態のコタツに似てるなぁ~と感心してしまいました(^^;
こういう時って、本当に中々止まらないんですよね…(T_T)
私に対してはこんな状態になる事が無くなってきましたが、まだまだ母や男の人に対しては酷く興奮してしまうコタツです。
菊次郎くんとなおぴーさん・かもねぎさんとの関係がどのように変わっていくのか、次回の更新を楽しみにしてます(^^)
ぬこむら |  2009.12.04(金) 18:10 |  URL |  【コメント編集】

◎◎◎ お返事です♪ ◎◎◎

コメントありがとうございます(^^)
続きを楽しみにして下さっている方がいたみたいなので
お返事より次の記事を書くことを優先しちゃいました~。
お返事遅れてスイマセン。

★ みはろさん ★

菊次郎の激高ぶり、暴露しちゃいました(笑)
バルド君も歯を剥いていたんですね。
飼い主としては、本当に悩みますよね。

興奮して咬みつきそうになっている(または咬みつく)という
同じ現象でも、ワンコによって、理由は様々なのかも知れません~。
『吠えて咬むコにはコレ!』という決まった正解はないように思います。
菊次郎には菊次郎の性格、理由、気持ちがあって
そうなっちゃったんですよね。
その気持ちを全部、受け止めてあげることからスタートするのが
いいのかなと思っています。


★ ルカさん ★

動画でもリアルですけど、目の前で見るとホントに怖いですよー。
尻尾を振るのは、嬉しい時、楽しい時だけじゃないみたいです。
ネットで『カーミングシグナル』で検索すると出てきますが
興奮して攻撃的気分になっている時も、尻尾を振るようですよ。

もなかも抱っこは大好きな癖に、抱っこされる瞬間にギャウギャウ言います~。
おうちゃんと同じで、自分から抱っこされるのに!です(笑)
怖いとか、何か嫌なことがあるんでしょうね。

おうちゃんがルカさんに歩み寄って、甘えて来てくれたのは
きっと、おうちゃんの怖い気持ちに対して
ルカさんが無理しなかったからだと思います~。
いつでも、一緒にいると安心♪って思ってくれたら嬉しいですよね(^^)

私も「おかーしゃんのそばはいつも安心♪」って思ってもらえるように
これからも『あったか~いおかーしゃん』を目指します☆


★ ぬこむらさん ★

コタツ君も、こんな恐ろし~いコになっちゃうんですか。
ホントに困って、悩んじゃいますね。
バッチレメディを始めたとか。。。うまくいってくれるといいですね。

菊次郎は、多分もう、この状態からは脱却したと思います~。
ずいぶん穏やかさんになって、私に対してもキレません。
寝ボケたりした時に、キレそうになったことが1度ありましたが
(うなされるみたいで、時々、大声でワンワン言って飛び起きます)
すぐに収まりました。
何より、目つきやしぐさが『違うコ!?』って言う位、全然変わりました。
このまま、良い関係を保っていけるように、頑張っていくつもりです。

なおぴー |  2009.12.06(日) 19:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。